BLOG

トレーニング情報やイベントのお知らせなど更新中!

Blog

LIVIVALブログでは、日々の出来事からイベント情報などを書いてまいります。

美味しく食べたい!胸肉レシピ!現役トレーナーがお伝えするダイエットにぴったりの胸肉レパートリー!

その他

こんばんは!
1月も中旬となり寒さも増してきましたね。

今年は暖冬と言われていますが夏が好きな私にはやはり寒いです。

本日は冬生まれの自称常夏女の西村がブログを担当させていただきます!

ダイエットやボディメイクとなればトレーニングはもちろんですが同じくらい大切なのはお食事!
そしてダイエットやボディメイクといえば鶏肉!中でも胸肉を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?
安くて低カロリー、タンパク質の含有量も多くボディメイクの味方である胸肉は

淡白な味と脂質の少なさから来るパサつきでどうしても苦手とおっしゃる方が多い気がします。

本日は!そんな胸肉を美味しく召し上がっていただく術を少しお伝えできればと思います!

 

胸肉を美味しく食べるには、、、

 

まずは低温でゆっくり火を通すこと!

 

タンパク質は60度前後から固まり始め68度を超えると分水作用(水分が抜けること)が起こり始めます。

胸肉は限りなく脂質が低い分、水分が抜けてしまうとさらにパサつきを感じやすくなります。

ですので弱火や余熱での調理がポイントとなります!

最近では低温調理機なども注目されていますね^_^!

 

塩分は少し高くなりますが胸肉を塩麹につけるのもオススメです!
皮を剥ぎ一口大に切った胸肉を塩麹に一晩漬けるだけでかなり柔らかくなります。

寒い時期の簡単鍋であれば新鮮な胸肉を薄くスライスにしてしゃぶしゃぶで召し上がっていただくのもおすすめですよ。

 

また一手間ではありますが皮を剥いだ胸肉をフードプロセッサーでミンチにすることで

パサつきをほぼ感じず召し上がっていただくことができます!

鶏そぼろ風や、タコライス、キーマカレー、ミートソース、ピーマンの肉詰めなどなど!
ミンチにすることでレパートリーもかなり広くなります。

胸肉のミンチを使った一品をご紹介したいと思います!

胸肉の大葉つくね

1、胸肉の皮と脂を除き、ミンチにします(市販の胸ミンチには皮と脂が含まれるので脂質が高くなってしまいます。)

2、胸肉の粘りが出るまでよくこねます。(お肉に手の熱が伝わらないようにご注意です。)

3、鰹節、お醤油、塩胡椒、卵白、刻み玉ねぎ、刻み大葉を加えて混ぜます!(お好みのお野菜でも大丈夫です!)

4、大葉を巻き、フライパンで焼きます!(テフロン加工であれば焦げ付かないので油はいりません!)(蒸し焼きにしても美味しいですよ〜)

5、火が通れば完成です!

そのままでも味はしっかりありますがアクセントとしておろしポン酢をかけても美味しいです!
ダイエットやボディメイクはイベントではなく習慣です。

〇〇しか食べられない!ではなく食べたいものをいかに工夫して調理するかも

長く続けられるポイントになりますね。

 

お食事のレパートリーに迷ったときはいつでもお声掛け下さい!!

LIVIVALでは、現在新規でのカウンセリングも随時募集しております。
トレーニング体験が無料でついているお得なカウンセリングです。
是非ご連絡お待ちしております。
■店舗所在地
京都市中京区長浜町148番地
■電話番号075-585-5252
■メールアドレス
info@livival.jp
■営業時間
8:00~23:00(最終セッションスタート時刻22;00)
■定休日
水曜日
京都・烏丸御池のダイエットジム
LIVIVAL(リバイバル)