BLOG

トレーニング情報やイベントのお知らせなど更新中!

Blog

LIVIVALブログでは、日々の出来事からイベント情報などを書いてまいります。

自律神経とダイエット

その他

皆様こんにちは。

だいぶ夏めいた陽気になってきましたね。烏丸御池や四条通りも半袖の方が沢山増えてきましたね!

今回は暑さや寒さに関係してくる【自律神経】についてお伝えしていきましょう。



人間の体内には無数の神経があります。

その中で、内臓の働きなどを調整してくれるのが【自律神経】です。

自律神経が乱れると心や体にさまざまな支障が出ます。

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、あなたの意思とは関係なく24時間働き続けています。

昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。

2種類の神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わります。

交感神経が強く働くと、血圧が上がり、瞳孔が拡大して、心と体が興奮状態になります。

一方、副交感神経が優位に働けば、血圧が下がり心拍数は減少。瞳孔が収縮し、心と体が休んでいる状態になります。

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれていますが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。

これが、自立神経の乱れた状態です。

人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労の他、昼夜が逆転したような不規則な生活などが、自立神経の乱れの原因になるといわれています。

「自律神経失調症」という言葉を聞いたことはありますか?

自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気です。これらの症状は人によって大きく異なります。


自律神経がバランスを崩すと、臓器にも悪影響を及ぼします。


胃酸が過剰に分泌され、胃の痛みや胸やけを感じる「神経性胃炎」、腸のぜん動運動に異常が生じて腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」がこれに当たります。


また、突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」になると、息苦しさの他、めまいや手足のしびれが現れます。


ボディメイクやダイエットでの自律神経の作用は交感神経にかたよった状態だと

・血流の悪化

・代謝が下がる

・冷え

・消化不良

・肌が荒れる

・心のバランスが崩れる

などの影響が体に表れ、肥満や体の不調にもつながってしまいます。

だから、自律神経のバランスが乱れると太ってしまうんです。




逆に副交感神経が優位に働くと

・血流が良くなる

・代謝が上がる

・しっかり老廃物が排出される

・ムダな脂肪が付きにくい

などの現象が期待できます。


どちらもバランスが必要ですが知っているってとても大切ですよ。



■店舗所在地

京都市中京区長浜町148番地

■電話番号
075-585-5252

■メールアドレス

info@livival.jp

■営業時間

8:00~23:00(最終セッションスタート時刻22;00)

■定休日

水曜日





京都・烏丸御池のダイエットジム

LIVIVAL(リバイバル)