BLOG

パーソナルトレーニングやダイエット、店舗情報など更新中!

Blog

LIVIVALブログでは、日々の出来事からイベント情報などを書いてまいります。

筋肉ってどこが一番大きいの!?【筋肉の大きさ】ランキング!

トレーニング

こんにちは!

京都の烏丸御池にあるパーソナルジムLIVIVALの中村です!

 

今回は誰もが気になる筋肉の大きさランキング」です!!!

えっ!!?誰も気にならない!?(笑)

実は筋肉の大きさを知っていると効率よくトレーニングをできたり、痩せやすい体作れるのですよ!!

 

それでは早速参りましょう!!

 

第3位 三角筋

平均筋肉量:370cm3

主な動き:肩を軸に腕をまわす

意外かもしれませんがなんと肩の筋肉「三角筋」は第3位にランクインしております。三角筋は「前部・中部・後部」と3つの部位に分かれており、上半身の中で一番大きな筋肉です!胸や背中の筋肉のほうが三角筋よりも大きそうに見えますが、面積は広いものの体積で比較とすると三角筋が勝ります。主なトレーニングはショルダープレスサイドレイズです。

 


 

第2位 大臀筋

平均筋肉量:760cm3

主な動き:股関節の曲げ伸ばし

大臀筋はお尻の中で一番大きな筋肉です!臀筋群(でんきんぐん)には他にも、深部に「中臀筋・小臀筋」、股関節の動きをコントロールする「梨状筋(りじょうきん)」があります。大臀筋は人間が普段立っている姿勢を保持するために使う筋肉なので、立っている限り常時動いています。四足歩行の猿は人間ほど大臀筋が発達していないので、立ち姿勢を長時間キープできないそうです。大臀筋は、スクワットデッドリフトヒップリフトなどのトレーニングでよく使われる筋肉です。

 


 

第1位 大腿四頭筋

 

平均筋肉量:1420cm3

主な動き:股関節と膝を伸ばす

体の中で一番大きな筋肉はずばり「大腿四頭筋」です!!!!ただその名の通り大腿四頭筋は「大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋」の4つの筋肉で構成されています。大腿四頭筋は足を伸ばすのに働く筋肉であり、歩く時・立ち上がる時など、下半身の主な運動にほぼすべてかかわるため、この筋肉が衰えると色々な場面で障害や痛みが出てきます。大腿四頭筋を鍛えることにより、膝関節にかかる負担を軽減し、膝の痛みを解消させます。

 

筋肉の大きさランキング1位「大腿四頭筋」と2位「大臀筋」をフル稼働してくれるスクワットはやはりKing of 筋トレです!一番大きな筋肉を鍛えることで、消費カロリーをあげて太りにくい体を作ることができます!

スクワットのフォーム、セットの組み方などはコチラの記事をチェックしてみてください♪

 


〈まとめ〉

今回は筋肉の大きさランキングを紹介させていただきました!

やはり臓器などがない下半身の筋肉が上位を独占する結果となりました!

ただ上半身の筋肉も面積が大きい大胸筋や広背筋もあるので、体全体をバランスよく鍛えることでカッコよくそして美しい体を作ることができます。

 

ここからは少し宣伝になりますが(笑)

リバイバルではお客様の理想のお体になれるよう、お客様一人一人に合わせたトレーニングプログラムを提供しております!もちろん筋肉の大きさなどを把握したプロフェッショナルなトレーナーがマンツーマンでご指導させていただきます!

今なら無料体験付きカウンセリングも実施しておりますので、皆様のご来館を是非お待ちしております!!!!

 

 

~関連記事~

「新型コロナウイルスに関して」
●新型コロナウイルスに対する具体的対策について
●【LIVIVAL京都烏丸御池店情報】新型コロナウイルスへの取り組みに関して

「ダイエットモニターのご紹介」
●【ダイエットモニターのご紹介】男性/31歳/身長181㎝
●【ダイエットモニターのご紹介】女性/27歳/身長164.5㎝

「期間限定プランのご紹介」
NEW 先着5名様限定!2ヶ月99,800円!ROOKIEプランのご案内!

■店舗所在地 京都市中京区長浜町148番地
■電話番号 075-585-5252
■メールアドレス info@livival.jp
■営業時間 8:00~23:00(最終セッションスタート時刻22:00)
■定休日 水曜日

 

 

 

全てのお客様に“自信”をお届けする。
LIVIVAL(リバイバル)